1/24 ブルーティッシュドッグ 対大型AT用・武装強化タイプ改造パーツ 組立説明書

1/24 ブルーティッシュドッグ 対大型AT用・武装強化タイプ改造パーツ の組立説明書です。

手流しの製品ゆえ、行き届かない点もあるかと思いますが何卒ご容赦ください。

なお不良及び不足パーツの請求はイベント終了後2週間以内にお願いいたします。


画像をクリックして拡大表示するか印刷してご覧ください。


1.jpg
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg

ブルーティッシュドッグ 完成。

完成しましたー。

さくっと完成させるつもりが、随分長いことかかってしまいました。
過去の記事調べてみたら、1年前なのね。造りはじめたの。。。
我ながらビックリ。
もちろん、放置していた時間が長いのだけどそれにしてもねえ。


さてさて、完成品はと、


P1030276.jpg

P1030296.jpg

P1030294.jpg
各所に自作のデカールとか手書きで落書き。

P1030288.jpg

P1030292.jpg

P1030293.jpg

P1030305.jpg

P1030309.jpg

P1030308.jpg

基本、秋なので熟した柿色にしてみました。(意味不明)
こういう色は下地に白塗らないと発色しないのでめんどくさいよう。
基本塗装後、アクリルだの油彩だの使ってウエザリング。


やっぱオレは汚ねーATが大好きだー!!







追加工作。

最近はめっきり寒くなりましたね。

製作中のブルーティッシュは武装強化タイプへ改造している訳ですが、首部モールドも変更になってるんですよね。資料によっては変更になってない絵もあったりするんですが。
せっかくだからやっとくかと。

P1030190.jpg

そして、真空引きして複製。
P1030199.jpg

組んでみます。
P1030200.jpg

最近、旋盤加工する工程が他であったので、ついでにアンテナ形状で遊んでみました。


そうそうブルーティッシュのキットの爪先裏モールドって、丸いピンの痕が致命的に入っちゃってますよね。
しょうがないので、全部削り落としてからプラ版でそれなりに再生しときました。かなりいい加減なフリーハンドです。
P1030192.jpg
あっ、割れてるじゃん。。。







複製。

日曜日が終わってしまう。。。

さて、今回はキャメル製作から少し離れて、ブルーティッシュドッグ製作について書いちゃいます。
ブルーティッシュドッグの改造部品を複製しました。
パーツ点数が少なめなので、直径194mmほどの小型の遠心型を製作。
あと、真空脱法型をひとつ。
小型の遠心型だと遠心力が小さくなるのでレジンが行き届くか心配だったのですが、3回程のテスト調整で流れるようになりました。

P1030105.jpg


そして、さっそく組立してみました。
P1030108.jpg

P1030115.jpg

久々に製作中だったのを再組立したのですが、中途半端で製作中断してますねぇ。
ボクの誤った記憶だと、ほぼ完成してたのですが。
けっこうあるね、残作業。

チャッチャとやっつけちゃいますか。
気持ちだけは。。。








全力。

オレはまた地獄に迷い込んでしまったらしい。。。
ワンフェス本申請まで1ヶ月しかないぞー!!


さて、製作中のブルーティッシュドッグ対大型AT・武装強化タイプ。
こんな感じになってます。
P1020453.jpg
P1020452.jpg

パープルベアーは全力で製作中なので、もうしばらくお待ちくださいませ。。。










アーマー

ワンフェスが終了後、モケイ関連のツールを購入中です。
エンドミルやら、自作デシケーター(真空槽)用の部品とか。
アルミの真空槽にネジ切るためのガスタップとか。
その他色々。。。
ま、これも必要経費ということで。

それはそうと、ブルーティッシュドッグの武装強化タイプが少し進行しました。

ヒザアーマーは特殊な形をしているので切り飛ばして新造しました。
腰前部のアーマー2枚も新造。
あと、足甲アーマーも新造しなきゃですね。



では、眠くなってきたので。。。
(ρw-).。o○






真空槽の話はまた今度。。。










レジンに変換だぁぁぁ




さて、いよいよレジンに変換でごぜぇます。


前回流したシリコンが硬化して、反転型ができました。


さっそくレジンを流しましょうー。
P1020185.jpg
このままでは表面張力によって上面が平らになりません。

そこで、また助っ人登場!
ガラス板です。
このガラス板、本来は皮をなめしたりするのに使うらしいです。1000円くらいだったでしょうか。。。
厚めのプラ版でもよいのですがボクのように頻繁に使う人は、すぐ反り返ってしまって使い物になりません。
P1020184.jpg

さてさて、この板に離型剤スプレーして、余分なレジンを追い出すようにシリコン型に乗せます。
P1020191.jpg
P1020192.jpg

そして、できた部品を組上げましたー。
工程写真を省略してますけど、エンドミル切削痕消すのが実はすごく大変なのです。
模型誌などでプラモデルの形状試作品なんかの写真が載ってますが、切削直後はあんな感じです。
砲身はレジンブロックから旋盤で削り出しました。こういう部品はモデラで無理やり切削するよりも旋盤使ったほうがキレイで早いです。
P1020200.jpg

仮組してみよう。
P1020196.jpg

ここから、アイアンクローや筋彫り追加ですね。
いや、脚が先だろうか?
気の向くままに進めていきまーす。






片面切削編

あうぅぅー、日曜日が終わっていく。。。

さて、昨日のつづきだよー。
今日は朝からワンピース観ながら切削準備っと。
今回はワックスを切削した後にレジンに変換します。

まず、相棒(モデラ)にワックスを両面テープで固定します。この両面テープですがボクはニトムズの’はがせる両面接着テープ強力接着用 ’を使用してます。生半可な接着力だと途中でワークがはずれてエンドミル折ったりします。(経験者は語る)


ワークの面出し(加工面をフラットに加工)してから、切削開始ー。
モデラの切削には2パターンあって、荒削り後、仕上げ切削します。
シュミレーションで大体の切削時間がわかります。約8時間かかる予定です。
P1020178.jpg

切削完了でーす。
P1020179.jpg

ここからシリコンで雌型作ります。
そこで、助っ人登場!!
アルミテープです。
P1020180.jpg

アルミテープをぐるっとひと巻きします。
P1020181.jpg

そこへシリコンを投入!!
いや、一気にじゃなくて一層目は薄くエアブラシで気泡を飛ばしながら隅々までシリコンが行き渡るようにながします。2層目はまあ適当に。。。
P1020182.jpg

次回予告

’いよいよレジンに変換だぁー’の巻。

タココンには間に合うわけないけど。。。

昨日、ワンフェス実行委員会から正式な版権許諾書類がDIOさんのところへ届いたそうです。
よかったよかった。
で、ウチの販売物は

1/100  デュラッヘ(新規)
1/24  ツヴァーク(再販)
1/24  マスカレイドコング(再販)
1/24  スペンディングウルフ(再販)

の4点です。
デュラッヘの原型製作は順調に進んでおります。





さて、もうすぐ毎年恒例のタココンの締切がもうすぐですね。ボクも久しぶりにプラスチックのプラモデルつくりたいなーとか思っていたところへアツオンさんからスコープドッグのアップデートパーツを頂きました。
ありがとうございました。アツオンさん!!

そして押入れから引っ張りだしてきたよ。タカラのブルーティッシュドッグ。
締切には絶対に間に合わないけど造るのだ。

さっそく組立開始です。


バイザーはタカラのを接着面で幅詰め、ドームはwaveを使います。そのままだとドームの開口部がバイザーの上部から見えてしまうのでプラ材を貼り付けて開口部を狭くしました。
P1020169.jpg

胴はハッチ部を切り離してから下へ3mm延長、ハッチは上に3mm前に2mm延長してます。

P1020168.jpg

型アーマーはモールドをいったん削りとばしてから形状変更し、リブはエポキシパテで再生してやります。
このへんはナイフと楊枝スパチュラのフリーハンドでパーツとにらめっこしながら。。。
P1020172.jpg

あと、腰下の股間接をボールジョイント化するために埋めました。
P1020174.jpg

そしてぇぇぇ、キットに同梱していたカラーガイドの強化型がかっこよいのでコレにしちゃいます。

brutish.jpg

モデラの切削用に分解配置しました。
brutish1.jpg


それじゃ、今日は寝ます。

(つ∀-)オヤスミー







プロフィール

nori

Author:nori
デジタルで原型制作。
mail:noriat@mad.dog.cx

カテゴリー
月別アーカイブ
twitter
サポート
ノリモータース製ガレージキットの組立説明です
ブログ内検索
リンク
最近の記事
最近のコメント
お買い物はこちら!!
このページのトップへ