スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真空脱泡装置 真空槽篇

今回は真空槽についてです。
と思ったのだけれど、過去記事を読み返したら既にアップされてました。
真空槽
まあ、ナベに穴開けてバルブ取り付けるだけです。
使用する真空ポンプの排気スピードに合わせて容積を決定します。
制作については詳しく解説されている他サイトも多々ありますので、ここではサラっと触れます。
いやしかし、ここが一番難しいかもしれません。
加工のしやすさと肉厚からアルミナベを選ぶのだけれど、金属に穴開けるわけでそれなりの工具がいります。
ウチの場合は幸運にも職場にボール盤がある環境なのですが。
ない時は、
近所の鉄工所へ泣きつくか、気合で開けましょう。。。
ワンフェスへバルブ付けたナベ持ちこんだら、欲しい人とかいるだろうか?
ここでつまづいている人たくさんいると思うんだよなー。
いや、待てオレ。
真空脱泡装置を欲する人は極一部だけだぞ。


さて、本題に戻ります。
あとはナベのフタですが、20mm厚のアクリル板を使用します。
ネット通販で買いましょう。
そしてパッキンはフタにゴム板を貼り付けます。
テストの結果、1mmでも3mmでもテキトーで大丈夫です。
1017603302_172.jpg

んじゃ、次回は注型篇だ。



スポンサーサイト

真空脱泡装置 ポンプ篇

では、真空脱泡装置におけるポンプの選定です。
真空ポンプ。
一口に真空ポンプといっても色々な種類があります。
結論から言うと、油回転真空ポンプでツーステージ100L/min以上のスペックをお勧めします。
様々なメーカーのものが存在してスペックの単位もそれぞれですが、ツーステージのものを選べば問題ないでしょう。単位変換すると、ほぼスペックに違いはありません。基本的な構造はどれも同じです。
代表的なメーカーとしてはアルバック機工が挙げられます。新品はビックリするくらい高価なので、ヤフオク等で入手するのが現実的でしょう。
もちろん後述する真空槽の容積に合わせてスペックを選定します。
因みにウチで実績があるのは100L/minの真空ポンプで7.6Lの真空槽、142L/minのポンプで11.6Lの真空槽です。
両パターンとも120秒レジンの注型が可能です。まっ、複製する物にもよりますが。

ウチの歴代ポンプ

ダイヤフラム型。真空到達度が足りなかった。。。
P1020385_20120516212420.jpg

油回転型100L/min これはいいポンプ。アルバック製品は中古の玉数も多く取引価格もそれなりに安価なのでお勧め。
P1020510.jpg

200L/min 残念ながら修理を断念しヤフオクへ。
P1030458.jpg

現在使用しているポンプ。142L/min 低騒音で定評のあるエドワーズ製です。
rv8.jpg


それと真空ポンプの駆動音、オイルミストについてです。
対策をしないと激しいオイルミストと駆動音でとても使用する気にはならないと思います。
専用のオイルミストトラップが真空機器メーカーから出ていますのでそれを使えばいいのですが、高価です。。。
おまけに消音効果が少ないです。
そこで、エア機器用のミストフィルター。
3000~4000円くらいで買えます。
P1020928.jpg
オイルミストがほぼ流出しなくなります。おまけにサイレンサーを装着すると劇的に騒音が低減されます。
このあたりは正規の使用法ではないので保障できませんが、この1年使用してますが問題ないようです。
使用するポンプによって接続を工夫する必要があると思いますが、アルバック製ならば排気口がガスネジになっているのでガス管用のブッシング等で加工なし接続が可能です。

では次回、真空槽編へ。。。






真空脱泡装置 序章篇

真空脱泡装置が密かに注目を集めている。
といっても、周りのごく一部の話なのだが。

ウチも装置を自作導入してからテスト&エラーを繰り返し、現在ではイベント品の複製になくてはならないものとなりました。今後はそのノウハウを少しづつ公開していきたいと思う。
装置の制作自体は比較的簡単だと思う(そうかな?)のですが、その後のレジン注型の情報が少ないです。
レジン流してスイッチポンではいかないのが現実です。ましてや、120秒硬化のレジンを使用しようとなると尚更。
気泡ゼロどころか気泡だらけの複製になりかねません。試行錯誤の結果辿りつたオレ流公開。
ただ、ウチのシステムでの結果となるので他の装置では違いが出るかもしれません。

では次回、ポンプ篇ということで。

バラバラ殺人事件簿

こんにちわ。
今日明日は休日であります!!

前にも書いたけど2代目の真空ポンプを中古で買ったので、割れていたオイルレベルゲージを換えてテストしてみました。
ブーン。。。おお、早いぜ。あっという間に-0.1Mpa
そして、テストを繰り返す。
うん、なんかうるさい。
運転起動直後に毎回ではないのだけれどバタバタと音がする。
むむむ。。。
とりあえずMAXまで真空度は到達するのでこのまま使うか。。。
いかん、いかん、オレ、機械屋だろう。

てな訳で、朝から分解を始めたのです。



バラしたぞ。
P1030450.jpg
ちなみにウチは狭い公団住まいなので、ここは寝室でもあります。
ゴメン、女房よ。男にゃやらなきゃならない時もある。





P1030451.jpg

故障ケ所発見!!
P1030454.jpg
あー、カップリングが割れてたのね。
モーターの軸回転を羽根軸に伝えるための連結部品です。

こっちが故障部品の入り込む相手です。
問題ないです。
P1030452.jpg
P1030453.jpg

うーん、部品の取り寄せできるかな。

月曜日におつきあいのある商社に問い合わせてみよう。


というわけで、計画は先延ばしになったのである。









継手変換

風が激しいな。
ここ横浜では冷たい風が吹き荒れる寒い夜です。

さて、2代目真空ポンプの吸排気口ですが真空機器ではポピュラーなクランプ式の継手になっています。
サイズはNW25、これを手持ちのネジ込配管に変換です。
まずはブランク(メクラ)を購入。

ステンレス製で1個あたり1000円近くします。
硬いよ。高いよ。
真空機器は軒並み高価です。2個購入。
コイツの中心に下穴を開けて、ガスタップを切ってやりました。
ステンレスなのでボール盤で開けましょう。
パワフルなハンドドリルでも頑張れるけど、一汗かいちゃいます。
変換継手は自作しなくてもあるらしいけど、1個あたりかなり高価だと記憶してます。
前に商社に問い合わせてビックリした経験あり。



そして配管。
P1030402.jpg

これさえあれば、エドワーズだのアルカテルだのドーンとこい!!












モンスター

寒いですね。
ここ横浜はどんよりと曇り空です。

さて、ワンフェスに向けた準備を進めています。現在、完成展示品を塗装中。もう少しでアップできると思います。
それが終わるとパッケージ作りや組立説明書の作成。もう少し頑張らないとな。

話は変わって、今回の生産で真空槽の容量不足を感じたので、思いきってシステムの更新をしたいと思います。
まずは真空ポンプ、ヤフオクで調達てす。

見た所、どこかの会社のシステムに組込みで使われていたようです。余計なパーツがゴチャゴチャついていたのでシンプルな構成に再編。
ポンプの起動までは確認しました。
まともに動けば275L/minで排気するモンスターです。
でもまあ、オイルは入ってないし、少し整備改造する予定なので運転テストは先延ばしてす。
現行のシステムも使えるしね。
ゆっくり進めていこうと思います。

では次回。

真空テスト

真空用のゴム型ができたので、さっそく真空注型してみました。

型を割ってみると。。。
できたー!!
P1020540.jpg

P1020541.jpg
あれっ、気泡が残ってる。。。

テストの結果、常圧の型と同様に配置したパーツのトップ部にゲートを掘る事が必要なようです。
真空状態で沸騰しているところを一気に常圧に戻すので沸騰時の気泡が残るようです。
何事もやってみなければわからないもんです。
それにしても、細いゲートでも充分レジンは廻ってくれます。さすが真空パワー。
抜いたパーツは修正の効くレベルなので使っちゃいます。


両足分が揃いました。
P1020543.jpg

P1020544.jpg

では、また次回。





真空計がきた。


今日は真空計を買ってきました。
お付き合いさせて頂いている工具店から入荷したとの電話があったので、買いに行ってきました。
1785円なり。

先日、アクリル板も到着しているので、あとは真空ポンプを買うばかりです。
それが1番大きな買い物か。。。



それはさておきワンフェス2011夏の版権物の本申請が4月初旬です。
という訳で、急ピッチで作業してます。
こういう時に限って、本業も忙しかったりします。


明日から4,5日旅立ってきます。
ノート持っていって切削データを進めようと思います。


がんばるぞー!!












真空槽

うぉぉ、凄い雪だ。
ヨコハマは夕方から雪が降ってます。ウチの前もずいぶんと積もってきました。

さて、今日は真空槽に改造すべく寸胴鍋の加工を行いました。
ドリルで穴を開けてからガスタップで雌ネジを切ります。
そして、継手やらバルブ、ホースを取り付け。
ただのナベが色んなものがついてくるとカッコよく見えてきます。



ホースの接続はカプラを使って抜き差し可能にしました。
バラせないと置き場所に困りそうなので。

P1020433.jpg

P1020436.jpg


ボールバルブ。
真空状態から大気圧に開放します。
P1020434.jpg

真空計取り付けブッシング。
PT1/4でネジ立てたので使う予定のPT1/8へ変換するための継手です。
P1020435.jpg

あとは、フチにゴム接着すれば大まかな工作は終了です。

ちゃんと使えるかな。。。




使えるでしょう、多分。










プロフィール

nori

Author:nori
デジタルで原型制作。
mail:noriat@mad.dog.cx

カテゴリー
月別アーカイブ
twitter
サポート
ノリモータース製ガレージキットの組立説明です
ブログ内検索
リンク
最近の記事
最近のコメント
お買い物はこちら!!
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。