両面切削。

パープルベアー製作の続き。。。

先日、予告した首パーツのリベンジ切削も終了して、現在はハッチのデータを切削中です。
表と裏の両方から切削していきます。
ズレると全てがパーになるので慎重に慎重に。。。
0.1mmの誤差でも人の目って分かっちゃうますしね。
しかしまぁ、これがモデラのCAMの特性なのか、レイアウトした位置から一定方向に切削位置がズレるんですよ。
CAMがモデラプレイヤー3だからなのか?4でも同じなのだろうか?
手動でツールを任意の位置へ降ろす場合は正確に位置決めするので、ソフトの仕様なのでしょう。多分。。。
メーカー推奨の切削位置センターを基準とした位置決めピンを使った両面切削なら問題ないのでしょう。
でも、ピン打つのメンドクサイしなー。
今回のような端面を基準とした場合はそうはいきません。
電卓たたいて補正値を入力してやります。


そして。。。
切削中。

よしよし、ほぼ誤差ゼロです。

切削完了。
P1010940_20100516163047.jpg

P1010941_20100516163047.jpg

頭部パーツを乗せてみます。
P1010943_20100516163045.jpg

うんうん、いい感じになってきぞ。
では、これからレジンに変換しまーす。

次はボディの製作だけど、どう分割するかな。
進展したら更新します。。。









バイザー

先日のつづきでーす。

前回でバイザーの両面型を削り出しました。
その型をシリコンで型取りしてレジンを流すとバイザーがカタチになりました。
モデラでは手の届かないとこを修正してと。。。
両眼つけてと。。。

でーきた。
P1010937.jpg
と、思ったら目の横のモールドがまだでしたw

首も一緒に切削してたんですが、これが大失敗。
再生したブロックワックスが気泡だらけ!!
使い物にならーん。
原因は溶解時に攪拌しすぎて空気を噛んだようです。なかなか溶けなくてグルグルやってたからなー。
やってみると色々失敗するものです。


じゃ、次回は首切削のリベンジ編で。。。



2面型

すっかり初夏ムードが漂うこの頃。
最近はウロウロと買い物に行ったり、のんびり過ごしております。

さて、先日から切削を開始したパープルベアーのバイザー。この形状を切削するには裏表両面から切削する必要があります。片側を切削したあとに反転して裏面を切削すればよいのですが、今回は片面づつシリコン型を作ることにしました。
まずはCGで切削データを作成します。
これが反転してシリコン型となります。ややこしいですね。むむむ。。。
うーん、イメージとしては原型を複製する時の粘土埋めと考えたらスッキリ理解できましたw
ブーリアンを駆使して切削データを作っていきます。

表面データ。
baizar3.jpg

裏面データ。
baizar3a.jpg
あとでシリコンで型とったらレジン用のゲートを追加します。


そして今、ウチの相棒がゴリゴリ削ってます。
P1010935.jpg

切削時間長いよー。
その間に首のデータでも作っておきますか。
bear7_20100509131615.jpg
今度は簡単に片面取りの切削データです。
ついでにポリキャップ用の穴も開けてと。

まだ切削終わんないな。あと3時間くらい。
なんだか眠たくなってきました。



では、また次回。。。








レジン変換。

昨日の続きだよ。。。

ブロックワックスから削りだした物を加工しやすいレジンに変換します。
ウチでは、いつもWAVEのレジンのフレッシュ色を使っていますが今回は見やすいようにグレーに着色します。
レジンのA液にマジックインキをポタっとひと滴。
あとはいつも通りB液を混ぜます。
すると、あらあら不思議。硬化するとグレーになりましたー。

インクは青とか赤とかあるから、お手軽にカラーレジンができるだよ。



片面型にはレジン流した後に、透明プラ板とかでフタをすると平面になるよ。
P1010932.jpg


でーきた。
2個あるのは1回目は耳のフチに気泡ができてしまった為です。
こういう時は楊枝とかで突付いて気泡を追い出すか、シッカーロールを軽く塗すと解決しまっせ。
P1010934.jpg
エンドミル痕が残っとりますが、磨けば大丈夫。
アンテナ基部前の凸モールドは後で凹モールドへ変換します。切削した角度ではエンドミル届かなかったのでこうしました。


次はバイザー。
うーん、両面切削か、両面型をCGモデリングするか、どうしようかな。

関係ないけど、最近フリーのスカルプトモデリングできるソフトの存在を知りました。
ちょっと試したけど、他ソフトへのデータ移行もできるし使えそう。
あっ、スカルプトモデリングって粘土をこねるようにCGができちゃう楽しいものなのです。
このソフトの紹介はいずれ。。。




そろそろ切削をば。

ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ
今日から5連休!!
のはずだったんですが、1日仕事が入ってしまいました。
この不景気の折、ありがたい事なんですが。。。

さて、ワンフェスの版権本申請が4月30日が締切りだったのです。
あちらこちらから申請済みのカッコイイ原型がアップされてきましたねぇ。
また熱い夏になりそうです。
ウチの販売アイテムは、版権許諾されたら発表しますのでもう暫くお待ちを。


製作中のパープルベアーですが、そろそろCG描き足しながら切削にも入ろうと思います。
そして、まずは頭部から。。。
うーん、眺めてたら頭部形状が気になったので前回より平たくてデカイ印象になるように訂正しました。

ああ、少しは凛々しくなったかな。


頭部ドームの切削データをつくります。
うんしょ、うんしょ。
bear7_20100501233825.jpg

このデータをモデラで切削します。
ガリガリガリ。。。
P1010929.jpg

できたワックスブロックにテープを貼ってと。
P1010930.jpg

あとはシリコンが硬化したらレジン流すだよー。



プロフィール

nori

Author:nori
デジタルで原型制作。
mail:noriat@mad.dog.cx

カテゴリー
月別アーカイブ
twitter
サポート
ノリモータース製ガレージキットの組立説明です
ブログ内検索
リンク
最近の記事
最近のコメント
お買い物はこちら!!
このページのトップへ