スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボトムズフェスティバル先行ブロガー試写会

本日、行ってきましたー!!
あっ、もう昨日か。。。
ボトムズフェスティバル先行ブロガー試写会
楽しかったー。

18時に会場前でDIOさんと合流。
受付を済ませて、いざ試写室へ。。。。
渋谷ショウゲート。80席くらいだったでしょうか、こじんまりとしたキレイな試写室です。
P1020161.jpg

受付でもらいました。


「装甲騎兵ボトムズ Case;IRVINE」
「ボトムズファインダー」

の2作品連続上映です。

そして、18時30分。上映が開始されました。
1本目は「Case;IRVINE]です。
あぁ、ボトムズだ。。。
バトリングを題材にした物語です。予想に反して、ダークな展開へと。。。
戦争を引きずる主人公の苦悩が描かれてました。
酸の雨は降るし、これ間違いなくボトムズです。
ATに関してはここでどこまで書いていいのかわからないけど、後半、えぇー!!な感じです。
特に敵役のペイガン機がスゴイことに。

2本目は「ボトムズファインダー」。
コレは世界感がまったく異なります。
この世界ではATはアルトロと呼ばれてます。
この主人公の繰るアルトロがカワイイー。
画面狭しと暴れまくります。CGという事なのですが、CGっぽくないというか、動きがアニメっぽいので違和感なかったです。
相棒のエイビィの乗るマティオンタイプのアルトロも登場して、これまたカワイイです。
好きだなーこのデザイン。立体化はどこかで予定があるのでしょうか。ボクの立体化してみたいリストの上位にランクインされましたヽ(°▽、°)ノエヘヘヘヘ。

そんなこんなで見終わった2作品。
ボトファンなら、見て損はしないと思います。
詳細は

ボトムズフェスティバル


新しいボトムズファンがたくさんできて、ボトムズがさらに盛り上がったらよいなー。


ボトムズは不滅だ。俺たちは死なない!



スポンサーサイト

モデラ切削って簡単か。

土曜日ですね。
土曜日にもかかわらず仕事してました。:(;゙゚'ω゚'):

今日はデジタル切削モデリングについて少し触れようと思います。
なにが難しいってCGモデリングが一番難しいのではないでしょうか。ボクはそう思います。
先日CGモデリングしたレーザーガンを切削データにするのですが、まず片面切削か多面切削にするか判断します。
作例では両面切削、片面切削をパーツによって決定しました。

まずは片面切削用データ。
ボクは六角大王で作業してます。
CGデータを半割りにして配置していきます。
切削の下面は揃えておきます。ワックス切削後にシリコンで反転型とするため、下面がパーツの接着面となるからです。




この型も片面切削用です。両型とも薄さゼロの長方形を下面に配置してます。なくても大丈夫だけど、数値管理しやすくなります。

dura39b.jpg


そして、両面切削用データです。
片面切削後に裏返すので、枠とランナーをモデリングしておきます。この枠で位置合わせとワークの固定をします。ランナーは裏面切削時のパーツ固定用です。これがないと途中でパーツが吹っ飛び、悲しくなるでしょう。(´・ω:;.:...
ウチの場合、両面切削ではワークにレジンを使用してます。レジンに変換する手間を考えると直接切削したほうが早くてキレイです。

dura39a.jpg



そして、このデータたちを六角ファイル形式からDXFファイルに変換します。(モデラでは六角データをそのまま読み込めないのです。)といっても簡単です。六角大王から吐き出せますので。

あとは、モデラにワーク(切削物)をセットして切削します。

おしまい。

気がむいたら、続編書きます。。。


キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!


イヤッホイ!!
当選しましたー。
ボトムズフェスティバル

今日、事務局からメールがきてました。ヽ(´ー`)ノ
観てきたらレポートするぞい。



メリーゴーランド。

今日は遠心注型機の工作が完了しましたー。
ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

遠心注型機ってなに?という人のために。
原型を複製する場合シリコンで型をとってレジン流して複製します。遠心注型の場合はこのシリコン型を回転させて遠心力によってレジンを行き渡らせます。
今回はこの遠心注型機を自作しました。

作り方は先人のサイトを参考にして、ほぼコピー機です。外径300mmです。
回転のセンターに組み付けるの難しかったです。なんてたって砥石自体が微妙にズレてましたので。。。
P1020154.jpg


そして、ここからはオリジナルです。オマケの子機を製作しました。
ひとまわり小さく、外径200mmのカット済みの丸板を2枚使用。
直径300mmってデカイですからね。小ロットでちょっとだけ型とりたい時でも対応できるようにしました。
P1020155.jpg

裏側に旋盤で削りだしたレジンブロックを接着。ここを本機の注入口へギュッと差し込みます。固めに嵌め合うように調整してあります。
P1020156.jpg

装着。
P1020157.jpg

そして、回転ー!!ブーン。早えぇ。
ネットで購入してある回転制御用のコントローラーが未着です。。。
P1020158.jpg


番外編。
遠心機製作中にミニ旋盤のモーターが焼きついちゃいましたー。
これ、昔にイマイ科学が代理店やってた製品で舶来品です。当然アフターパーツなどあるわけもなく。。。
ばらして、寸法チェックするとマブチのRS-380PHが代用できそうだな。
旋盤ないと困るのでチャリンコでひとっ走り、買ってきました。
P1020150.jpg

右が昇天なさった舶来モーター君です。ありがとう!!いい仕事したぜ。
P1020151.jpg

強引に納めて無事復活。スピードコントローラーも追加したのだー。
P1020153.jpg



さて、明日からはモケイやるぞー。




バックパック

今日から3連休だー!
連休初日が一番テンションあがるなぁ。

さて、デュラッヘのバックパックパーツが揃いました。
本当は先週に切削済みだったのですが、他の作業に浮気していたのです。今日、仮組みしてみました。



中にポリキャップを内蔵できるようにしました。
可動するぜー。
P1020148.jpg

あとね、挑戦中の遠心注型なのですが、素直に刃物とぎ機を買うことにしました。
遠心先人の皆様はみんな使ってるですよ。
チマチマ部品揃えるより安上がりなので。
先日、mixiの遠心注型のコミュに参加しました。
すげぇ勉強になります。深いぜ。
興味のある方はぜひ覗いてみることをお勧めします。
ワンフェス前の量産時に毎回手流しでうんざりするのですが、少しは楽しくなるといいな。



では、また次回ー。












ぐるぐる。

先日の日曜日に秋葉原に行ってきました。
もう2年ぶりくらいだろうか。久々にアキバの街を徘徊してました。
この街ならタミヤのギヤードモーターも安かろうと思いまして。
数店でお目当てのモーター発見。むむむ、高い。。。
ほとんど定価じゃないですか。。。
他に使えそうなモーターはないかと物色していると。。。発見!!
ツクモロボット館で安いギヤードモーターを見つけました。
モーター回転7000rpm,ギヤ比1/44、ということはMAX159rpmになります。
これで遠心注型テストやってみようー!!
回転数も制御できるようにDCモーターコントローラーの組立てキットとDC6VのACアダプターも購入。

そして、先人の遠心紹介サイトを参考にして組立始めましたー。


1500円の激安ギヤードモーター。頼りなさそうに見えるけど減速機付きなのでパワフル!!でも、ちょっとシャフトが細いな。すぐ壊れるようならタミヤの買うか、円盤直結をやめます。
P1020136.jpg

DCモーターコントローラーです。キットになっていて、ハンダ付けできる人なら簡単に製作できます。
オレでもなっ。
P1020138.jpg
回路むきだしが気になるが、まあそのうちタッパーにでも入れましょう。

次は円盤製作するよー。

レーザーガン

今日は土曜日。

ここ1週間、1日1時間程度ダラダラとモデリングしてました。
描いてたのはデュラッヘ専用レーザーガンです。

dura37.jpg



今日、やっとそれなりの形になりました。

関係ないけど最近、遠心注型が気になる今日この頃なのでしたー。
田宮のギヤードモーターを使ってみようかな。


プロフィール

nori

Author:nori
デジタルで原型制作。
mail:noriat@mad.dog.cx

カテゴリー
月別アーカイブ
twitter
サポート
ノリモータース製ガレージキットの組立説明です
ブログ内検索
リンク
最近の記事
最近のコメント
お買い物はこちら!!
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。