スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キタキタ。。。

今日は日曜日。

せっかくの休日なのに雨がしとしと。

でもでもでもでも、

先日、ネットで買い物したものが工房へ届きました~。ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

ブロックワックスとエンドミル。

ワックスはモデラ用にモデリングワックスとしても販売されているんですが、

ウチのMDX-3にはサイズがイマイチ。

宝飾関係のサイトでちょうどいいサイズを見つけました。

エンドミルは有効長が長いものを選びました。

これならZ方向が長くても加工できるでしょう~。

P1010782.jpg

P1010783.jpg


んで、ウチのエンドミル大集合。
P1010784.jpg
全部、スクエアです。


それでね、ここ数日はテスト切削してました。

ブロックワックスは手元になかったので、パラフィンロウで代用です。

早い話がロウソク溶かしてブロックにしたものです。

こんなの。
P1010791.jpg

コレ使って、切削のレイアウトのテストしてました。

片面切削だったら、切削位置なんて気にしなくてもいいんだけど。

両面切削はビシっと決まんないとね~。



モデラの切削ベースのX軸方向にガイドを取り付けました。

プラ棒を組み合わせて捨板に接着後、面出し機能を使って平行に削ってます。
P1010789.jpg
P1010790.jpg

これとモデラプレイヤーのレイアウト設定を使って切削開始場所を指定します。

アタマ使うけど、任意の位置にレイアウトはできるようになったみたい。




テストしてて気づいたこと。

モデラプレイヤー3では仕上代がZ軸方向にも適用されるみたい。

例えば、厚さ30mmの板を削りだす場合は、仕上代0.4mmとすると30.4mmの材料が必要です。たぶん。

モデラプレイヤー4は、その辺の設定があるみたいですね。

デジタルなモデラが実はアナログなモデラという事に気づかされた瞬間~

なのでした。




つづく。。。













コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nori

Author:nori
デジタルで原型制作。
mail:noriat@mad.dog.cx

カテゴリー
月別アーカイブ
twitter
サポート
ノリモータース製ガレージキットの組立説明です
ブログ内検索
リンク
最近の記事
最近のコメント
お買い物はこちら!!
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。