レジンに変換だぁぁぁ




さて、いよいよレジンに変換でごぜぇます。


前回流したシリコンが硬化して、反転型ができました。


さっそくレジンを流しましょうー。
P1020185.jpg
このままでは表面張力によって上面が平らになりません。

そこで、また助っ人登場!
ガラス板です。
このガラス板、本来は皮をなめしたりするのに使うらしいです。1000円くらいだったでしょうか。。。
厚めのプラ版でもよいのですがボクのように頻繁に使う人は、すぐ反り返ってしまって使い物になりません。
P1020184.jpg

さてさて、この板に離型剤スプレーして、余分なレジンを追い出すようにシリコン型に乗せます。
P1020191.jpg
P1020192.jpg

そして、できた部品を組上げましたー。
工程写真を省略してますけど、エンドミル切削痕消すのが実はすごく大変なのです。
模型誌などでプラモデルの形状試作品なんかの写真が載ってますが、切削直後はあんな感じです。
砲身はレジンブロックから旋盤で削り出しました。こういう部品はモデラで無理やり切削するよりも旋盤使ったほうがキレイで早いです。
P1020200.jpg

仮組してみよう。
P1020196.jpg

ここから、アイアンクローや筋彫り追加ですね。
いや、脚が先だろうか?
気の向くままに進めていきまーす。






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nori

Author:nori
デジタルで原型制作。
mail:noriat@mad.dog.cx

カテゴリー
月別アーカイブ
twitter
サポート
ノリモータース製ガレージキットの組立説明です
ブログ内検索
リンク
最近の記事
最近のコメント
お買い物はこちら!!
このページのトップへ